『春の体調管理に気を付けよう!』

Spring condition management

春は1年のうちで寒暖差が一番大きく気温の変化に対応するため、身体は交感神経の働きが続きやすくなります。(緊張状態)この状態が続くと疲れが溜まり易く、免疫力も下がり胃腸の働きが落ちます。また、肩や腰が痛くなったり、身体が冷えたり寝つきが悪くなるなどの症状が表れ易くなります。
さらに春は異動・転勤・新生活の季節なので普段より緊張する機会やストレスを感じることが多く、自律神経が乱れ易くなります。

自律神経を整えるため、次のことを気を付けてみましょう。

◎決まった時間に起床する。休日もできるだけ決まった時間に起床し、カーテン を開けて部屋に朝日が入るようにする。また、朝食を食べることは生活リズムを整えることに有効です。

◎自律神経を整える作用のあるビタミン・カルシウム・ミネラルを積極的に摂るよう意識する。

・ ビタミンC…みかんやいちごなどの果物、野菜、いも類
・ ビタミンA…緑黄色野菜(人参など)、卵、レバー
・ ビタミンE…ナッツ類、魚介類、西洋かぼちゃ、アボカド
・ カルシウム…乳製品、豆腐、ゴマ、煮干し など

◎良質な睡眠をとる。
就寝前に目元や首元を温める/ハーブティーを飲む/音楽を聴くなどしてリラックスする。

◎体温調節ができる服装を心掛ける。
簡単に着脱できる薄手のシャツやカーディガンなどを重ね着する。

◎ストレスを解消させる。
イライラなどのストレスはストレッチやウォーキングなど身体を動かすことでリフレッシュできます。

Ameba-blog(Ameblo)

Ameba-blog(Ameblo)

Facebooktwitterpinterestlinkedinmailby feather