春の四月病対策!

桜の花びらが舞っている写真

季節の変わり目は気温の変化などコントロールすることは難しいですが、日々のちょっとした心がけで自律神経の働きを整えることができます。生活習慣の見直しや自分に合ったストレス解消を取り入れ、春の不快な症状を予防しましょう。

1.睡眠をしっかりとる
睡眠中は副交感神経が働き、心身の疲れをとります。夜更かしが続くと、副交感神経の働く時間帯に交感神経が働いてしまい、神経の働きの切り換えがうまくいかなくなります。 質 良 睡 をとるため 部 かりを消 ク きる う 環境を整 る う くださ気温の変化などをコントロールすることは難しいですが、日々のちょっとした心がけで自律神経の働きを整えることができます。生活習慣の見直しや自分に合ったストレス解消を取り入れ、春の不快な症状を予防しましょう。 質の良い睡眠をとるために部屋の明かりを消し、リラックスできるように環境を整えるようにしてください。

2.生活リズムを整える
私たちの体には1日の体温・ホルモン分泌・睡眠などのリズムを整える働き「体内時計」があります。生活のリズムが乱れると、体内時計のリズムも乱れ、自律神経の働きに影響を与えます。起床・就寝・食事の時間を出来るだけ規則正しく決めて、リズムを維持することが大切です。 また、体内時計のリズムは、光を浴びることでリセットすることができるので、朝はカーテンを開けて太陽の光を浴びたり、電気をつけて部屋を明るくするように心がけてください。

3.適度な運動を行う
散歩やウォーキング、ストレッチなどの軽い運動は、自律神経の働きを整える効果があります。運動を行うことは良い睡眠を促す効果もありますが、激しい運動はかえってストレスになることもあるので、自分のペースに合わせ、無理のない軽い運動から取り入れてみてください。

4.リラックスする時間を作る
交感神経の興奮を静めるためには心身の休息が必要です。静かな音楽やアロマテラピーは神経をリラックスさせる作用があります。また、ぬるめのお湯にゆ くりつかる にゆっくりつかる入浴も効果的です。

5.食事バランスに気をつける
食物に含まれるビタミン・カルシウム・ミネラルなどは自律神経の働きを整える作用があります。インスタント食品や好きな食べ物ばかりに偏らないよう、いろいろな食品をとるよう心がけましょう。


リフレクソロジー『足ツボ』で更なる体質改善が期待出来ます!
自然治癒力を高め免疫力もアップ!

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmailby feather
  
  1. 肌が荒れている女性のイラスト

    2019.12.02

    『肌荒れ症状と対策』

  2. 健康食品リスト

    2019.11.17

    『健康に良い食品』

  3. 基礎代謝と筋肉量の円グラフ

    2019.11.17

    『筋肉をつけて基礎代謝アップ』

  1. 基礎代謝と筋肉量の円グラフ

    2019.11.17

    『筋肉をつけて基礎代謝アップ』

  2. 腸内細菌バランス図

    2019.11.17

    腸内細菌で糖尿病予防&アンチエイジング

  3. 男性は水を飲んでいるイラスト

    2019.10.01

    『水分補給の重要性(健康とダイエット効果)』

  1. 自閉症と発達障害の有病率と農薬使用量のグラフ

    2019.11.04

    『発達障害とアレルギー急増の原因』

  2. 男性と女性は電磁波によって損傷を受けているイラスト

    2019.10.28

    『携帯やwi-fi、ハイブリッド車に注意!!』

  3. サプリメントに要注意のイラスト

    2019.09.23

    『サプリメントに要注意!!』