-夏に起きやすい脳梗塞-

男性が脳梗塞

脳梗塞は汗の掻く夏に多いと言われています。
体内の水分が不足し、血液の流れが悪くなり血管が詰まり易くなる為です。
脳梗塞は大きく分けて、【脳寒栓症】と【脳血栓症】の2タイプがあります。
●脳寒栓症・・・心臓付近に出来た血栓が移動し、脳の血管を詰まらせます。
●脳血栓症・・・脳の血管そのものが狭くなったり、血栓が出来ることで起こります。脳血栓症は、夏に多く、普段健康そうにみえていても脱水症状が引き金となり急に発症します。減量や過労などでも脱水症状は起こります。

大切なのは汗を掻いていなくても、こまめに水分補給をすることが大切です。
汗を掻かなくても、常に体から少しずつ水分が奪われているので、室内に居る時も水分補給を行って下さい。室内に居ると脱水症状に気付き難いのですが、トイレに行ったとき尿の色が濃くなっていたら水分不足のサインだと思って下さい。
夏の脳梗塞の予防でもう一つ大切なことは睡眠の前後に水分補給を行うことです。人は眠っている間に平均コップ1杯程度(200cc)の汗を掻きます。

夏の脳梗塞は睡眠中から起床後の時間帯にかけて発症のリスクが高くなります。
予防の為に寝る前に水を1杯飲むようにしましょう。

  1. ウィルスの感染サイクル

    2020.03.20

    『新型コロナウィルス予防対策』

  2. オメガ6

    2020.03.12

    『オメガ6脂肪酸の効果 』

  3. オメガ3

    2020.03.02

    『オメガ3脂肪酸の効果』

  4. メニエール病

    2020.02.24

    『メニエール症候群』

  5. 5G

    2020.02.15

    第5世代移動通信”5G”に注意

  1. 5G

    2020.02.15

    第5世代移動通信”5G”に注意

  2. 腸内細菌バランス図

    2019.11.17

    腸内細菌で糖尿病予防&アンチエイジング

  3. 男性が水分補給

    2019.10.01

    水分補給の重要性(健康とダイエット効果)

  4. 電磁波障害

    2019.09.01

    -電磁波による人体への影響-

  5. クエン酸

    2019.08.30

    クエン酸で疲労回復・筋肉痛改善

  1. 基礎代謝と筋肉量の円グラフ

    2019.11.17

    筋肉をつけて基礎代謝アップ

  2. PM2.5のイラスト

    2019.11.15

    タバコにもPM2.5が出ている事が判明

  3. 自閉症と発達障害の有病率と農薬使用量のグラフ

    2019.11.04

    発達障害とアレルギー急増の原因

  4. 男性と女性が電磁波障害

    2019.10.28

    携帯やwi-fi、ハイブリッド車に注意

  5. サプリメントに要注意

    2019.09.23

    『サプリメントに要注意!!』

<Blogアーカイブ>