『食事は良く噛むことが大事』

ご飯を食べている男性のイラスト

食事で良く噛まずに早食いをする事で肥満になりやすく、血液中のブドウ糖濃度が上がり、満腹中枢がそれに反応して満腹感を知らせますが、ブドウ糖の濃度が上昇するには、ある程度の時間が要ります。早食いの場合、満腹感が得られる前に多くの食事をとってしまい摂取エネルギー量が多くなる為、肥満になると言われています。

メタボリック症候群を発症する割合で早食いをする人11.6%で、ゆっくり食べる人は2.3%、普通の人の6.5%よりも高く、体重の増加、血糖値の上昇、腹囲の増加にも関連しています。

日本肥満学会より一口30回噛むことが推奨されています。咀嚼(そしゃく:よく噛む)には、満腹中枢を刺激して、食欲を抑える働きがありますが、さらにゆっくりよく噛んで食べることで、食後のエネルギー消費量である「食事誘発性体熱産生(食後安静にしていても栄養素の消化・吸収による代謝によって使われるエネルギー消費量)」が増加します。よく噛んでゆっくり食事をすることは、エネルギー摂取量の抑制とエネルギー消費量アップの2つの効果が期待出来ます。

他にも様々な効果が得られます。

○脳の発達
よく噛むことは脳細胞の働きを活発化。
あごの開閉で、 脳に酸素と栄養を送り、活性化します。
子どもの知育を助け、 高齢者は認知症の予防にも役立ちます。

○味覚の発達
よく噛むとで食べ物本来の味がわかります。
人は濃い味にはすぐに慣れてしまうので出来るだけ薄味にし、よく噛んで食材そのものの持ち味を味わうよう心掛けましょう。

○歯の病気を防ぐ
よく噛むと唾液が沢山出て細菌感染を防いだりして、虫歯や歯周病を防ぎます。

○胃腸の働きを促進する
よく噛むと消化酵素が沢山出て、消化吸収を助けてくれますが、食べ物がきちんと咀嚼されないと、胃腸障害の原因にもなります。

FacebooktwitterpinterestlinkedinmailFacebooktwitterpinterestlinkedinmailby feather
  
  1. 肌が荒れている女性のイラスト

    2019.12.02

    『肌荒れ症状と対策』

  2. 健康食品リスト

    2019.11.17

    『健康に良い食品』

  3. 基礎代謝と筋肉量の円グラフ

    2019.11.17

    『筋肉をつけて基礎代謝アップ』

  1. 基礎代謝と筋肉量の円グラフ

    2019.11.17

    『筋肉をつけて基礎代謝アップ』

  2. 腸内細菌バランス図

    2019.11.17

    腸内細菌で糖尿病予防&アンチエイジング

  3. 男性は水を飲んでいるイラスト

    2019.10.01

    『水分補給の重要性(健康とダイエット効果)』

  1. 自閉症と発達障害の有病率と農薬使用量のグラフ

    2019.11.04

    『発達障害とアレルギー急増の原因』

  2. 男性と女性は電磁波によって損傷を受けているイラスト

    2019.10.28

    『携帯やwi-fi、ハイブリッド車に注意!!』

  3. サプリメントに要注意のイラスト

    2019.09.23

    『サプリメントに要注意!!』