-マッサージの歴史-

-Massage-

[マッサージとは]


マッサージmassage:フランス語)の語源は、ギリシャ語のマッシー(揉む)、ラテン語の手、アラビア語のマス(押す)、ヘブライ語の触るが語源で、皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法で、フランスで生まれた手技療法(massage、マサージュ)を指します。
マッサージはヨーロッパ発祥の手技療法で、マッサージは厳密には指先などの末梢部から心臓に向かって施術を行い、静脈やリンパの滞りを改善しその流れを促進させます。

マッサージは、古代ギリシャの医師、ヒポクラテスは医学を志す者に対してマッサージ技術の習得を奨励していました。
16世紀後期、フランスの医師である、アンブロワーズ・パレがマッサージの効能や必要性、医療術を研究し、フランス中にマッサージの効力を強く主張し、マッサージ療法は、医療法として徐々に見直されるようになり、医療として広まっていきました。

18世紀~19世紀頃になると、スウェーデンのパー・ヘンリック・リンが治療体操を用いてマッサージについても研究をし、スウェーデンマッサージの基礎を作り上げました。これをもとにマッサージはオランダ、ドイツ、フランス、ポルトガルなど、欧州に広まっていきました。

日本においては元々按摩(あんま)が用いられてきましたが、明治時代、軍医である橋本乗晃(はしもとじょうこう)がフランスのマッサージを視察して研究し、日本にマッサージを医療法の一つとして導入されました。

<各種マッサージ>

・クイックマッサージ:

短い時間で施術を行うマッサージ。

・スポーツマッサージ:

スポーツ選手または、スポーツされている方に対するマッサージ。

・エステマッサージ:

エステティックに伴うマッサージで、エステティック店に勤務するあん摩マッサージ指圧師が施術する。

・フェイスマッサージ:

エステティック店で行われるマッサージで、エステマッサージのサービスコースの1つにあげられる。

・アロママッサージ:

エステティック店で行われるマッサージで、アロマセラピーを併用したマッサージ。

・足つぼマッサージ:

足裏のツボ(もしくは身体各部位の反射区)を刺激するマッサージ。

・リンパ浮腫マッサージ:

乳がんや子宮がんなどの手術によってリンパ節を切除したためなどの理由で生じる浮腫の手技的緩和措置。

・ベビーマッサージ:

歩き始める前の赤ちゃんを対象に保護者が自宅で行うマッサージ。


Female therapist doing massage to grandmother - 【マッサージの歴史】

Female therapist doing massage to grandmother