『美肌効果のある栄養素』

肌が綺麗な女性

緑黄色野菜に多く含まれる ビタミンA・C・Eは、代謝を良い状態に保ち、 肌の調子を整えます。また、たんぱく質で細胞を新たに作りに生まれ変わらせてくれます。
ビタミンA:皮下組織に蓄積されることによって、肌の重要な構造を局所的に守る働きをします。
〔しそ、ニンジン、パセリ、卵など〕

ビタミンC:体の免疫力を高める為、同時に肌の免疫力も高める作用がある。また、コラーゲンを生成する際に必須の栄養素でビタミンC無しではコラーゲンは生成されない必須栄養素。抗酸化作用もあり老化防止に効果的です。
〔赤ピーマン、黄ピーマン、パセリ、レモンなど〕

ビタミンE:フリーラジカルによるダメージから皮膜を守る作用があり、水分の蒸散を軽減するため、肌に潤いとハリをもたらしてくれます。
〔アボカド、いくら、いわし、めんたいこ、焼き海苔、アーモンドなど〕

たんぱく質:体内のあらゆる細胞を作るため、いきいきとした美肌をキープするための、とても大切な栄養素です。
〔するめ、煮干し、牛肉、まぐろ、いわし、かつお、さんまなど)

脂質:肌のうるおいを保つためにも必要です。動物性油脂より植物性油脂が効果的で、夏野菜と一緒に取ることで吸収率がアップします。
〔植物油(大豆油・オリーブ油・ ごま油など)〕

糖質:糖質を多く含む穀類で、体内の水分が増え肌のうるおいを保ちます。
〔白米、玄米、五穀米、うどん、そば、ラーメン、焼きそば、スパゲティなど〕

野菜に含まれる栄養成分の中には、体内で貯蔵できる時間が短いものもあるので1度にまとめて食べるよりも毎食時に摂取する事が大切です。

朝の光を浴び、欠食せず、1日3食摂取し確り栄養を補給しましょう。
肌の細胞の修復に役立つ成長ホルモンは、就寝後、最初の深い睡眠時に多く分泌されるので、遅くとも深夜0時前までには、休むことが大切です。

皮膚は、代謝を繰り返し、10代で約20日周期、20代で約28日周期、30代で約40日周期、40代で約55日周期、50代で約75日周期、60代で約100日周期で全て生まれ変わります健康な肌を維持するには、体内を代謝の良い状態に保つことが大切です。その中でも、朝食が最も代謝に影響します。朝食をとると、体温が上昇し、代謝が活発になります。

関連記事

  1. 女性のスキン

    『肌荒れ症状と対策』

  1. ウィルスの感染サイクル

    2020.03.20

    『新型コロナウィルス予防対策』

  2. オメガ6

    2020.03.12

    『オメガ6脂肪酸の効果 』

  3. オメガ3

    2020.03.02

    『オメガ3脂肪酸の効果』

  4. メニエール病

    2020.02.24

    『メニエール症候群』

  5. 5G

    2020.02.15

    第5世代移動通信”5G”に注意

  1. 5G

    2020.02.15

    第5世代移動通信”5G”に注意

  2. 腸内細菌バランス図

    2019.11.17

    腸内細菌で糖尿病予防&アンチエイジング

  3. 男性が水分補給

    2019.10.01

    水分補給の重要性(健康とダイエット効果)

  4. 電磁波障害

    2019.09.01

    -電磁波による人体への影響-

  5. クエン酸

    2019.08.30

    クエン酸で疲労回復・筋肉痛改善

  1. 基礎代謝と筋肉量の円グラフ

    2019.11.17

    筋肉をつけて基礎代謝アップ

  2. PM2.5のイラスト

    2019.11.15

    タバコにもPM2.5が出ている事が判明

  3. 自閉症と発達障害の有病率と農薬使用量のグラフ

    2019.11.04

    発達障害とアレルギー急増の原因

  4. 男性と女性が電磁波障害

    2019.10.28

    携帯やwi-fi、ハイブリッド車に注意

  5. サプリメントに要注意

    2019.09.23

    『サプリメントに要注意!!』

<Blogアーカイブ>